読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BitCometでCentOS 6をダウンロード

今回は、前回インストールしたVMWare PlayerにインストールするためのLinuxをダウンロードします。

Linuxと一口に言ってもいろいろあるのですが、今回はCentOS 6というOSを使います。

理由は、まあ単純に私がCentOSしか知らないないだけです(笑)。

さて、このCentOS 6をこれからダウンロードするのですが、DVD2枚組みで、全体で5GBくらいあります。なのでダウンロードするだけでも一苦労です。

そこで今回はダウンロードするためにBitCometというツールを使い、その負担を少しでも減らしてあげたいと思います。

BitComentは平たく言えばダウンロード支援ツールなのですが、詳細はぐぐってもらうとして今回は手順だけ説明したいと思います(笑)。

というわけでBitComet - A free C++ BitTorrent/HTTP/FTP Download ClientからBitCometをダウンロードしてください。

32ビット版と64ビット版があるので環境にあったものを選び、HTTP downloadからダウンロードを始めて、インストールしてください。

BitCometのインストールが終わったら、いよいよCentOS 6のダウンロードです。

the status of CentOS mirrorsからミラーサイトを適当に選んでください。基本どれでもいいです。

次にCentOSのバージョンを選びます。本執筆時の最新版は6.2ですので今回はそれを選びます。

次はisosを選んでください。

次は32ビット版か64ビット版かを選びます。i386が32ビット版で、x86_64が64ビット版になります。

たとえWindowsが32ビット版でもCentOSは64ビット版で動くと思いますが、未確認です。不安な方はWindowsの環境に合わせるのが無難かと思います。

次にいよいよダウンロードするファイルの選択ですが、このミラーサイトからは32ビット版ならCentOS-6.2-i386-bin-DVD1to2.torrent、64ビット版ならCentOS-6.2-x86_64-bin-DVD1to2.torrentをダウンロードします。

この拡張子.torrentのファイルをBitCometに渡すことで、BitCometを経由してCentOS 6のインストーラ本体をダウンロードします。.torrentファイル自体はすぐにダウンロードが終わるかと思います。

.torrentファイルをダウンロードしたら、それをダブルクリックしてください。そうすることで先ほどインストールしたBitCometが立ち上がるかと思うので、そこからインストーラ本体のダウンロードを開始してください。

CentOS 6のダウンロードが終わりましたら、いよいよインストールです。それではまた次回。